読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ご挨拶

小さい頃、祖母いちのと一緒に過ごす時間が長く、ときには祖母が‘むじんこ’と呼んでいた、近所の方々とのお食事会にも参加していたためか、集まって食卓を囲むことの喜びや、それぞれの家々にそれぞれの料理があることの楽しさは、ずっと心にありました。

くわえて、通っていた日新小学校までの通学路に、酒蔵、味噌醤油や塩魚汁や寿司鰰の製造元が何軒もあり、それらはとても身近な文化でした。杉玉も、見慣れたものでした。

そうした自分が一人暮らしをするようになったとき、自分の味覚は、新屋で育てられたことをつよく感じました。
そして、今ふたたび見直されている‘発酵’食を、好んでつねに口にしている自分にも気づきました。

個食、孤食、粉食などが課題提起される今の時代、たしかに誰もが忙しく、丁寧に出汁をひいたり、日頃から保存食をつくったり、ということは、限られた方にしか、叶わないことなのかもしれません。
それでもせめて、新屋の水の文化や食の文化を改めて一緒に学んだり共有したりする機会を持つことはできないか、という思いを、長らくあたためていました。

何か今、新屋で出来ることがないか、という気持ちが高まっていたとき、宮城で震災を経験しました。まもなく、いわゆる被災地の問題として、‘失われていく誇り’、‘受け継がれない文化’、‘支え合う関係の薄さ’などが、声高に語られるようになりましたが、そうしたことを聞くたびに、けっして被災地だけの問題でもなければ、地方だけの問題でもない、と感じました。

そして、平成11年から、宮城・旧 宮崎町(現加美町)で開催された「食の文化祭」のすばらしさなどを知っていたことは、私がささやかながらも行動をおこす、一つのきっかけになりました。

「食の文化祭」は、10歳代から90歳代までの方々が、ふだん食している料理を持ち寄り、展示されたものでしたが、なんと宮崎町1,500世帯のうち600世帯から、850品の「我が家の自慢料理」が集まったのでした。翌年からは、1000品をこえる料理が一堂に。
地元の方々も、他地域から訪れた方々も、あらためて宮崎町の風土に培われた、食文化の豊かさに、はっとしたそうです。

また、平成14年には、宮城・旧 北上町(現 石巻市)で、「みやぎ食育の里づくり -北上
町の食文化を次世代に-」として、生活文化を記録、継承される取り組みがなされました。
旧・北上町は、新屋と同じように、川と山と海に囲まれた地域です。
里山の山菜40種、きのこ30種、果実や木の実30種、海の魚介類や海草100種、川の淡水魚介類10種―。
身の回りの自然は、食材の宝庫でもあったことと、おのずと地域のかたがたが身につけている食にまつわる技術はじつに多様であったことに、誰より地元の方々同士が感じとった、と聞いています。

そうした料理は、ふだんから一人一品大皿で持ち寄り「とりまわし」料理として楽しまれていたといいます。
その様子の写真を見ると、祖母と一緒にあじわった‘むじんこ’の楽しさがよみがえりました。

まさに同じ頃、世界でも同じような取り組みが展開されはじめていたのでした。
隣人祭り La Fete des Voisins』は、1999年フランス、パリの小さなアパートでおきた高齢者の孤独死をきっかけに、住民たちが建物の中庭に集まり、交流のための食事会を行ったことから始まったとのこと。

隣人祭り』発起人のアタナーズ・ペリファンさんは、「僕が『隣人祭り』を立ち上げたのは、孤独や引きこもり、無関心といったものに抵抗するためでした。地球の向こう側にいる見ず知らずの人たちとはネットで繋がろうとするのに、近くにいるお隣さんにはこんにちはと声もかけようとしない。なんともおかしな世の中に僕たちは住んでいます。」というメッセージを投げかけています。
ちなみに、『隣人祭り』日本支部は、「ソトコト」内におかれています。

私自身が、出来ることは、ほんの小さなことです。
しかし、一人また一人と、知恵とエネルギーを持ち寄れば、思いがけないことが出来るかもしれません。

今回は、小さいときから可愛がってくださった、地元の方々に協力をいただきながら、まずは一歩、踏み出そうという思いから開催する、「第ゼロ回」です。

まさにキックオフとして、トーク・セッションの場をセッティングしました。
新屋を語るときにかかせない「水」をテーマに、タイトルを『水と地球といきものと』として、大森山動物園・小松守園長と、月刊『ソトコト』・指出一正編集長をお招きしました。

すべてのいきものにとって、いのちの源は水。
そのテーマに関して、大変造詣の深いお二人にご登壇をお引き受けいただきましたこと、ほんとうに嬉しく思っております。

これから「アラヤード・ピクニック」がどのようなかたちに育っていくかは、みなさまにもかかっています!
もしもご賛同いただけるようでしたら、どうか、お力添えください。

よき時間が生まれていきます、始まりの日となりますことを願いつつ。

                アラヤード・ピクニック実行委員 佐藤聡子

広告を非表示にする